あおぞら通信

  • HOME
  • > あおぞら通信

病児保育 あまやどりの預かり状況について

2017年05月04日

新年度がはじまりはやくも1か月が経過しました。

国の子育て支援事業がすすんでいるためか、当院の周囲には今年度も4件ほどあらたな保育園が開設されています。

4月から保育園に通うようになったお子さんも多く、はじめての集団生活で流行性疾患に罹患したり、発熱したりするおこさんが多く見受けられます。

病児保育は市の委託により、そのように急なお子さんの病気でお困りの保護者を支援するべくお預かりを実施しているのですが、当あまやどりでは今年度に入りお預かりする人数がかなり多い状況となっています。そのためキャンセル待ちやお預かりできないケースも多くなっております。利用を希望される保護者の方々には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

昨年度も数件の保育園が開設された上、今年度も周囲に4件新たな保育園が開設されたのですから、急な病気で病児保育の利用を希望されるお子さんが増加するのは自然なこととも言えます。行政が現状を把握して当地区の病児保育のさらなる充実に向けて働いていただけるとよいのですが・・・現状に危機感を抱いた私が市の保育幼稚園課へ直接陳情へ行きましたが、良いお返事はいただけませんでした。残念です。

そのようなわけで、病児保育あまやどりでは、本当に可能な限り多くのお子さんと保護者のお役に立ちたいと考えそれを実施しているのですが、現状が限界のようです。いろいろなご意見があるかとは思いますが、病児保育の預かり状況に関するご意見はぜひ鹿児島市の保育幼稚園課へお伝えください。子育て世代の皆さんのご意見が直接行政へ届くことが、現状を打開するもっとも近道なのではないかと考えております。もちろん、病児保育あまやどりは、今後も可能な限りお役に立てるよう頑張る所存です。

以上、よろしくお願いいたします。

院長 立元千帆sun

あしたてんきになぁ~れ 2017.春号

2017年04月19日

こんにちは、受付村田ですcherryblossom

今年はさくらの開花が遅かった分、ゆっくり楽しめたのではないでしょうか?

あまやどりから発行している、あしたてんきになぁ~れ 2017.春号が配布になってます。

今回は、「中耳炎」について記載してます。

鼻水をうまく出せない年代のお子様は中耳炎にも罹患しやすくなります。

どのような仕組みか参考になりますよhappy01

また、お預かりのときの昼食注文内容が変わりました。

紹介写真も添えておりますので、ご利用の時は検討する参考にされてください!

<こちらからも見れます>→あしたてんきになぁれ春号☆

あおぞら小児科のエレベーター内にもおいてますので、ご自由にお取りください。

受付 村田

5月からの診療体制について

2017年04月08日

こんにちはschool受付有村です。

新学期を迎え、保護者の方々も緊張と不安を抱いていることと思いますcherryblossom

今年度もよろしくお願い申し上げます。

つきましては、益崎医師の産休からの復帰に伴い

診療体制が以下のようになりますのでご確認お願い致します。

ご予約についてのご案内

2017年03月28日

こんにちは、受付有村です。

立春とは申しますが、まだ寒さが続いておりますね{#emotions_dlg.clover}

ご予約につきまして一覧に致しましたのでご覧ください。ご不明な点が多くご迷惑をおかけしますが、お持ちいただく際の混雑を減らすためにご協力、ご対応を引き続きお願い致します。

うれしかったこと

2016年12月31日

大みそかにご報告するのもなんですが、今年、大変うれしいことがありました

日本小児アレルギー学会という私の所属する学会(小児科でアレルギー診療をされている先生方の多くが所属する学会です)で賞をいただきました

「臨床研究奨励賞」という賞で別名「フクロウ賞」と呼ばれています

毎年一人か二人が選出されるのですが、今年は私一人の受賞でした

今年報告した気管支喘息に関する論文での受賞です

↓ 表彰式です(隣の先生は別のもう一つの賞の受賞者です)


↑ 論文執筆に際しご指導いただいた慈恵医大の勝沼俊雄先生と


賞をいただくなんてことが私におこるなんて予想もしなかったのでcoldsweats02本当に驚きましたが、今後の大きな励みになりました

現在も多くの患者様に臨床研究のご協力をいただいる状況ですが、得られたデータをもとによりよい診療ができるように励む所存です

今後ともよろしくお願いいたしますhappy01


院長 立元千帆